博多座開場25周年武田鉄矢×コロッケ特別公演を振り返って お芝居 水戸黄門編

お芝居はコロッケさんの偽黄門、偽助さん(谷山知宏さん)、偽格さん(吉田メタルさん)一行と
武田さんの本物黄門、本物助さん(財木琢磨さん)、本物各さん(荒井敦史さん)が繰り広げる豪快すっきり感いっぱいの時代劇。
当然、笑いと納得の結末。


お芝居のスタート直前、黄門さん一行は千葉さんの楽屋前を通って花道の奥、揚げ幕の鳥屋へ行きます。ここで出番待ちするのです。
武田さん、千葉さん楽屋前では芝居の後のSHOWで歌う歌の一節を練習。・・・
お見送りは ♪ああ人生に涙あり♪の行進曲バージョン???  ♪ジャン ジャジャジャジャン ジャン ジャジャジャジャン・・・♪


で、鳥屋での出待ちでは・・・今日は「この部分のやりとりで・・・こうしてみない?・・・」熱心な打ち合わせ!(*゚▽゚)ノ

黄門さん、本物と偽物の出会いは・・・「人という字は人と人が支え合って出来ています。???あれぇ? 入るじゃない?」

黄門さんは強いのです。

事件解決!意気揚々で花道を行く 水戸光圀 武田黄門さんです。